着物の売却買取相場記事一覧

着物好きで本場結城紬を所有している人もいると思いますが、もう袖を通していない着物もあるのでは?また、部屋を整理してきたら着物が・・・そんなときは、買取プレミアムに査定してもらうのもお薦めです。ここでは、本場結城紬の高価買取についてお話していきます。本場結城紬の特徴結城紬といえば、軽く大変柔らかで身体にもフィットしやすく着崩れしづらいといった特徴のある絹織物です。縞と絣(かすり)模様が主流で、現在で...

おうちで眠っている本場久米島紬も、買取プレミアムなら驚きの高価買取をしてもらえるかもしれません。ここでは、本場久米島紬の特徴や高価買取のポイントなどについてお話していきます。本場久米島紬の特徴沖縄県久米島が産地の久米島紬ですが、久米島紬といえば、真綿から糸を手で紡いで染織染付、手投げ杼(てなげひ)で手織りし、きぬた打ちをして仕上げる昔ながらの作業で丁寧に作られています。久米島紬は、証紙に時期筆のサ...

伝統のある牛首紬(うしくびつむぎ)ですが、もう袖を通さない牛首紬も、買取査定をするのがお薦めです。そのまま眠らせておくのはもったいない!そんな人は、買取プレミアムを利用してみませんか?ここでは、牛首紬の買取ポイントなどについてお話していきます。牛首紬の特徴首牛の先染は、古くは一般家庭でも植物による染色が行われていたこともあり、難しい技術は必要ないといわれていましたが、堅牢度(染めた生地の抵抗性、色...

大島紬といえば、奈良時代から織られていた鹿児島県奄美大島発祥の織物ですが、現在でも高い人気があります。そんな大島紬を持て余している人は、買取プレミアムに査定してもらってみませんか?ここでは、本場大島紬の特徴や、買取のポイントなどをお話していきます。本場大島紬の特徴本場大島紬は、奈良時代から作られているといわれており、明治時代には盛んに作られるようになりました。現在では、鹿児島県産が多いといわれてお...

琉球絣といえば、多彩な図柄が特徴ですが、大変手間の掛かるもので、その価値は現在でも健在です。価値のある琉球絣ですが、たんすの肥やしになっている人もいるのでは?そんな人には、買取プレミアムを利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、琉球絣の特徴、買取などについてお話していきます。本場琉球絣の特徴琉球絣(りゅうきゅうかすり)は、600種類近くもある多彩な図柄が特徴の織物です。琉球絣は「御絵図帳」という...

白山紬は、質がよく比較的親しみやすい価格の着物として多くの人に愛用されている着物ですが、眠らせている白山紬は、そのままにしておくのは勿体無いので、買い取りプレミアムを利用してみるのがお勧めです。着ないまま持て余していた白山紬に思わぬ価格がつくことも!ここでは、白山紬の特徴や買い取りなどについてお話していきます。白山紬の特徴白山紬は、機械織りで作るのが一般的な着物です。機械織りでありながら、独特の模...

本塩沢紬といえば、大島、結城、塩沢といわれ、かつては「日本三大紬」と呼ばれていたほど、大変価値のあるもので、単衣の女王とも呼ばれています。たんすで眠っている本塩沢紬は、そのままにしておくよりも買い取りプレミアムで買い取りをしてもらうことで思わぬ価格になることも。ここでは、本塩沢紬の特徴や買い取りなどについてお話していきます。本塩沢紬の特徴本塩沢と塩沢紬とがありますが、本塩沢「お召し」塩沢紬「紬」で...

価値のある赤城紬、たんすの肥やしになっていませんか?着物のことがよく判らないまま、近所のリサイクルショップなどといったところに買い取りに持っていく人もいるようですが、実はとても掘り出し物であることもあります。買取プレミアムなら、そんな着物も高価買い取りをしてもらえることもあります。ここでは、赤城紬の特徴や買い取りなどについてお話していきます。赤城紬の特徴希少な玉繭から、手座繰りで紡ぎ出した玉糸を使...

もう着ない、譲り受けたなどを理由に、ぜんまい紬を持て余している人は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。着物は、年数が経つほど価値が下がってしまうといわれていますから、これを機会に買取してもらうのもいいでしょう。ここでは、ぜんまい紬の特徴や買取などについてお話していきます。ぜんまい紬の特徴ぜんまい紬は、草木の染液を使用して下染めをしてから、経糸(たていと)をもう一度、グラデー...

すっかり着なくなった白大島紬は、ありませんか?ご自身が着なくなった白大島紬はもちろん、譲り受けたものや形見として受け取ったが使い道がないといった理由で白大島紬を持て余している人は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるといいでしょう。ここでは、白大島紬の特徴や買取などについてお話していきます。白大島紬の特徴白大島紬は、白い糸に絣模様(かすりもよう)を入れた涼しげで爽やかな印象が特徴の紬です。先染め...

自宅で眠っている郡上紬があれば、買取プレミアムに買取査定を依頼しましょう。価格がつくか判らない、郡上紬かわからない、そんな着物でも、しっかり査定してくれるので安心です。ここでは、郡上紬の特徴や買取などについてお話していきます。郡上紬の特徴郡上紬(ぐじょうつむぎ)は、岐阜県郡上市八幡町で織られている紬織物の名前です。この「郡上紬」という名前は、実は比較的新しい名前で、第二次世界大戦後につけられたとい...

おぼろ染め訪問着といえば、年齢はもちろん、未婚・既婚を問わず着ることが出来る身近な着物として知られていますが、眠っているおぼろ染め訪問着があれば、買取プレミアムに買取査定を依頼するのがお勧めです。ここでは、おぼろ染め訪問着の特徴や買取などについてお話していきます。おぼろ染め訪問着の特徴おぼろ染め訪問着は、紋をつければ色留袖と同格に、また、格式の高さを意識しないのであれば紋をつけなくても着ることが出...

辻が花振袖を少しでも高く売りたい!という人は、買取プレミアムを利用してみましょう。普段着る機会がない、持て余している、譲りうけたがどこに着ていけばいいのか判らないなど、たんすの肥やしになってしまっている辻が花振袖も、買取プレミアムなら、ちょっとしたお小遣いになることも。ここでは、辻が花振袖の特徴や買取などについてお話していきます。辻が花振袖の特徴辻が花振袖は、今は亡き久保田一竹氏が作っていた着物で...

辻が花訪問着を持っているがもう着ない、着る機会がないので勿体無い、譲ってもらったがどうすればいいのか・・・そんな人は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。ここでは、辻が花訪問着の特徴、買取などについてお話していきます。辻が花訪問着の特徴辻が花訪問着は、故、久保田一竹氏が作っていた着物で、緞子(どんす)地のような華やかかつ上品な光沢を持った厚手の生地が特徴の美しい着物です。一竹氏が...

たんすの肥やしになっている加賀友禅、買取プレミアムに査定に出してみませんか?ここでは、加賀友禅の特徴や買取などについてお話していきます。加賀友禅の特徴加賀友禅は、加賀御国染の色絵、色絵紋をベースにして栄えていった染色技法が特徴で、落ち着いた写実的な草花模様を中心に、絵画調の美しい柄が特徴です。加賀友禅の武家文化と京の公家文化、これらに支えられてきたのが流麗な集合配列模様が特徴の京友禅であるといわれ...

着物好きなら誰もが一枚は持っているといわれている人気の江戸小紋、そのままにしていませんか?もう着ない江戸小紋は、買取プレミアムで査定をしてもらいましょう。ここでは、江戸小紋の特徴、買取などについてお話していきます。江戸小紋の特徴江戸小紋は、一枚は持っているといいと言われますが、これは、カジュアルな場所はもちろん、結婚式などフォーマルな場所まで着てお出かけすることが出来るためです。江戸小紋は、帯を変...

金箔の加工や刺繍が美しい京友禅ですが、もう着ない京友禅や手放そうかと考えている京友禅は、ぜひ買取プレミアムに買取査定を依頼してみてください。ここでは、京友禅の特徴や買取などについてお話していきます。京友禅の特徴京友禅は、全体に上品さと気品の溢れる印象のものが好まれる着物で、金箔加工、刺繍といった仕上げをされているのが特徴です。京都の伝統工芸品のひとつでもある京友禅は、友禅染めとも呼ばれており、元禄...

眠っている西陣織りも、買取プレミアムの買取査定で思わぬ臨時収入になるかもしれません。ここでは、西陣織りの特徴、買取などについてお話していきます。西陣織の特徴「西陣織り」という名前は、京都の西陣で製織された高級絹織物の総称です。日本の絹織物の産地である西陣は、リヨン(フランス)、ミラノ(イタリア)と並んで世界的な高級絹織物の産地としてもその名を誇っており、世界でも稀な織物の産地です。西陣では、1,0...

頂き物や持て余している博多織は、そのまま眠らせているだけでは、価値が下がってしまうばかりです。買取プレミアムに、買取査定を依頼してみませんか?ここでは、博多織の特徴、買取などについてお話していきます。博多織の特徴博多織は、経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている、福岡県福岡市、博多地区の特産とされている絹織物です。現在では、産地が分散しつつあり、福岡市周辺で作られるようになっていますが、その昔...

琉球王朝の御用布として知られている読谷山花織ですが、たんすの肥やしになっていたり、譲り受けるなどしたが使い道がないと持て余しているなら、買取プレミアムに査定依頼をするのがお勧めです。ここでは、読谷山花織の特徴、買取などについてお話していきます。読谷山花織の特徴読谷山花織は、「よみたんざんはなおり」と読み、花織りが独特なデザインであることから、南方から伝わったものであるといわれていますが、詳細につい...

山口美術織物の帯や着物が出てきたら、買取プレミアムの買取査定を利用してみませんか?譲り受けたが使用する機会がない、もう着ないなどのたんすの肥やしになっている山口美術織物も、買取プレミアムなら最短30分で出張依頼が可能なほか、数量に関係なくしっかり査定してくれます。ここでは、山口美術織物の特徴や、買取についてお話していきます。山口美術織物の特徴山口美術織物は、経糸に生糸を一本だけしようする「唐織り」...

ご自宅に眠っている佐波理綴は、ぜひ買取プレミアムに買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。佐波理綴りは、中古品でも20万円近い販売価格がつくほど、人気の着物です。もう着ない、持て余しているなどの佐波理綴は、買取プレミアムに依頼するのがお勧めです。ここでは、佐波理綴の特徴、買取などについてお話していきます。佐波理綴の特徴佐波理は、「発明功労者表彰優秀賞」、「発明奨励賞」など多数の賞を受賞しているほ...

着なくなった勝山織物は、ありませんか?眠ったままにしていては、価値が下がってしまうばかりですから、もう使わない、形見分けとして受け取ったが使い道がないなど、持て余してしまっている勝山織物は、ぜひ買取プレミアムに査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。ここでは、勝山織物の特徴、買取などについてお話していきます。勝山織物の特徴長野県飯島町は、良質な繭の産地として知られており、今もなお養蚕・製糸の伝統と歴...

着物好きの方で、美しい色や柄が印象的な河合美術織物をお召しになられている人もいると思いますが、中には「もう使わない」という人もいるかもしれません。そんな人は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみませんか?ここでは、河合美術織物の特徴、買取などについてお話していきます。河合美術織物の特徴河合美術織物は、明治41年創業の歴史あるもので、金剛流25世宗家混合巌師の指導監修によって、徳川中期の能装束名品十...

持て余している袋帯がある人や、譲ってもらったが使い道がないなど、たんすの肥やしになってしまっているなら、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。ここでは、袋帯の特徴や買取などについてお話していきます。袋帯の特徴袋帯も産地は京都の西陣、丸帯が重く締めづらいという理由から昭和初期になる頃に花柳界(かりゅうかい※)が考え出したといわれており、また、第二次世界大戦後の物が不足していた時代に考...

使わなくなった名古屋帯は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみましょう。そのままたんすの肥やしにしておいても、価値が下がってしまいますし、普通の帯だと思っていたものが、実は価値があり思わぬ臨時収入も!なんてことも期待できるかもしれません。ここでは、名古屋帯の特徴や買取などについてお話していきます。名古屋帯の特徴名古屋帯は、袋帯と比較しても締めやすく、普段使いはもちろん、改まった場所でも締めていける...

使用していない丸帯をリサイクルショップなどに持っていこうとする人もいますが、リサイクルショップではなく、買取プレミアムに買取査定を依頼するのがお勧めです。ここでは、丸帯の特徴や買取などについてお話していきます。丸帯の特徴丸帯は、一般的な帯の幅の倍の幅(約70cm)があるサイズで織り上げた生地を、ふたつ折りにしたものに芯を入れたら片方を縫い合わせて仕立てられた帯で、格の高い帯であるといわれています。...

女性の帯のひとつである半端帯ですが、たんすの肥やしになっている半端帯は、ありませんか?もう使わない半端帯や、譲り受けたが使い道がなく持て余している半端帯は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。ここでは、半端帯の特徴や買取などについてお話していきます。半端帯とは半端帯は、細帯、四寸帯とも呼ばれており、女性が使用する帯です。元々は羽織を着用することで隠れる羽織下帯として使用されており...