郡上紬を高く売りたいなら

自宅で眠っている郡上紬があれば、買取プレミアムに買取査定を依頼しましょう。価格がつくか判らない、郡上紬かわからない、そんな着物でも、しっかり査定してくれるので安心です。

 

ここでは、郡上紬の特徴や買取などについてお話していきます。

 

郡上紬の特徴

 

郡上紬(ぐじょうつむぎ)は、岐阜県郡上市八幡町で織られている紬織物の名前です。
この「郡上紬」という名前は、実は比較的新しい名前で、第二次世界大戦後につけられたといわれており、古くから郡上紬と呼ばれてきたわけでは、ありません。

 

養蚕を通じ、農家の自家生産として織られていたものですが、第二次世界大戦後に、宗広力三(むねひろ りきぞう)という工芸家の手によって再興され、昭和27年(1952年)に設立した現在の郡上工芸研究所(旧:郡上郷土芸術研究所)で製作されるようになり、今に至ります。

 

宗広力三氏は、昭和57年に、「紬縞織」、「絣織り(かすりおり)」において、人間国宝(国の重要無形文化財保持者)に認定されている人物です。

 

郡上紬に使われている蚕は、「エリア蚕」と呼ばれるものを使用し、手紡ぎによる紡積、植物染料を使用した染色が特徴です。

 

郡上紬は大量生産が出来ない

 

郡上紬は、良質な春繭(はるこ)と呼ばれる糸を、植物染料で染めて織り上げて作られています。

 

ここで使用されているのは、郡上に自生している植物の染料で何十回も繰り返して染める手法で染められており、「どぼんこ染め」と呼ばれる、宗広力三氏があみ出した染めを施しています。
どぼんこ染めは、郡上紬特有の深み・温かみのある色合いを引き出すのに重要です。
また、郡上紬といえば生地の美しいグラデーションも特徴のひとつですが、このほかにも、幾何学柄の織物も郡上紬の特徴です。
大変丁寧な作業で作られているのはもちろん、大量生産を行わず、丁寧な手作業と伝統を守り続けて作られていますから、希少価値があり「幻の紬」とも呼ばれ、現在でも価値のあるものです。

 

現在では、宗広氏のご子息である宗広陽助氏によって受け継がれており、素朴で繊細な美しさは、健在です。

 

郡上紬の買取価格

 

郡上紬は、希少価値のあるものですから、多少汚れがついているものであっても、買取価格がつくことも十分にあります。
買取プレミアムなら、目利きのスタッフがしっかりと査定してきちんとした買取価格を出してくれますから、安心して査定依頼が可能です。