博多織を高く売りたいなら

頂き物や持て余している博多織は、そのまま眠らせているだけでは、価値が下がってしまうばかりです。
買取プレミアムに、買取査定を依頼してみませんか?

 

ここでは、博多織の特徴、買取などについてお話していきます。

 

博多織の特徴

 

博多織は、経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている、福岡県福岡市、博多地区の特産とされている絹織物です。
現在では、産地が分散しつつあり、福岡市周辺で作られるようになっていますが、その昔、福岡藩黒田氏から徳川将軍家に献上され、「献上博多」と呼ばれる最上の博多織などがあります。

 

博多織は、細い経(たて)糸を多く使用しており、太い緯(よこ)糸を強く打ち込んで作りますが、経糸を浮かせて柄を織り出すといった特徴のある織物です。
絹糸、金糸、銀糸などを使用しており、生地にはしっかりとした張り、そしてどっしりとした上品な厚みがあり、西陣織の帯は大変人気があります。
また、博多織の帯を締めるとき、生地が擦れてキュッキュッという「絹鳴り」もまた、博多織を楽しむポイントのひとつです。

 

博多織の証紙には、

 

金証紙
緑証紙
紫証紙
青証紙

 

といったものがあります。
金証紙(※)は、経糸も緯糸も本絹を使用しており、緑証紙は経糸が本絹、緯糸が本絹以外の絹糸、紫証紙が経糸も緯糸も本絹以外の絹糸、そして青証紙はが天然繊維、化学繊維、合成繊維などの絹糸以外の繊維で作られています。(※かつての銀証紙が現在の金証紙)

 

博多織という商標は、博多織工業組合が有しており、この組合が、博多織と証明する証紙の発行などを行っています。

 

献上博多はより価値がある

 

献上博多は、博多織の中でも上質な織物で、仏具(独鈷(どっこ)、華皿(はなざら))、子持ち縞があしらわれているのが特徴です。
現在の博多織製品のほとんどは、機械織りによるものが占めています。

 

博多織の買取価格

 

未使用の博多織でも使用済みの博多織でも、買取プレミアムの買取査定ならしっかりと査定してくれます。
たんすの肥やしだったはずの博多織が、嬉しいお小遣いになることもあります。証紙がついていても博多織かどうか判らない・・・そんな場合でも、諦めないで査定依頼をしてみましょう。