本場久米島紬を高く売りたいなら

おうちで眠っている本場久米島紬も、買取プレミアムなら驚きの高価買取をしてもらえるかもしれません。
ここでは、本場久米島紬の特徴や高価買取のポイントなどについてお話していきます。

 

本場久米島紬の特徴

 

沖縄県久米島が産地の久米島紬ですが、久米島紬といえば、真綿から糸を手で紡いで染織染付、手投げ杼(てなげひ)で手織りし、きぬた打ちをして仕上げる昔ながらの作業で丁寧に作られています。

 

久米島紬は、証紙に時期筆のサインが書かれていますが、このサインが書かれているものこそ、日本の伝統的工芸品である本場久米島紬です。
ツバメの絣(かすり)が織り込まれているのも、本場久米島紬の特徴です。

 

特に高価買取されるのが「ゆうな染め」

 

久米島紬には、分業がなく、真綿を手紬するところからきぬた打ちと呼ばれる仕上げまでを一環して、昔から代わらない手作業で仕上げていますが、証紙には時期質サインが書かれているのが特徴です。

 

また、久米島紬の中でも特に「ゆうな染め」と呼ばれるものは、高価買取してもらいやすいです。
ゆうな染めは、久米島に自生している「ゆうな」という木を木灰にして、その染料を使用して染めた紬で大変伝統のある紬です。
見た目の特徴としては、色目は優しく、銀鼠の灰色といったもので、久米島紬の中でも特に価値のあるものとされています。

 

状態をよくするために、普段から着物を着た後は、汚れなどがないかを必ずチェックしておきましょう。
もし汚れがついていた場合は、ご自身で染み抜きをしようとせず、着物専門のクリーニング店にお願いしましょう。
着物を取り扱っているクリーニング店もありますが、特に伝統工芸品とされる置物の場合は、専門のクリーニングを利用するのがいいでしょう。

 

本場久米島紬の買取価格

 

買取プレミアムを利用して、お手元の本場久米島紬を査定してもらいましょう。買取プレミアムなら、置物一枚はもちろん、反物であっても査定をしてもらうことが出来ますし、本場久米島紬の買取ももちろん行っています。
本物の本場久米島紬はもちろん、状態がよければ数万円から、複数枚であればより買取価格が期待できますし、そのまま眠らせておくよりも、どの程度の価値があるものなのかを査定をしてもらうのもお勧めです。
価値を知ってそのまま引き続き保管しておくのもいいですし、思い切って買取してもらうといった方法もあります。