本場有機紬を高く売りたいなら

着物好きで本場結城紬を所有している人もいると思いますが、もう袖を通していない着物もあるのでは?
また、部屋を整理してきたら着物が・・・そんなときは、買取プレミアムに査定してもらうのもお薦めです。
ここでは、本場結城紬の高価買取についてお話していきます。

 

本場結城紬の特徴

 

結城紬といえば、軽く大変柔らかで身体にもフィットしやすく着崩れしづらいといった特徴のある絹織物です。
縞と絣(かすり)模様が主流で、現在では色々な柄で織られてはいるものの、年産が少ないので希少価値があります。
現在、生産されている結城紬には、

 

本場結城紬
いしげ結城紬
奥順株式会社の本場結城紬

 

の3種類があります。
本場結城紬は、手織りの特上紬ですが、いしげ結城紬は機械織り、そして奥順株式会社の本場結城紬は、結城紬の老舗である奥順株式会社のもの。
本場結城紬を出来るだけ高い価格で売りたい場合は、本場結城紬の糸を紡ぐ婦人像のラベルや本場結城紬検査協同組合及び本場結城紬卸商共同組合の証紙がきちんとついているかなどで価格が違ってきます。
また、柄のあるもの・無地のものとがありますが、柄があり尚且つその柄が細かければ細かく繊細であるほど、高値で買取をしてもらいやすくなります。

 

本場結城紬は、大変高価であり生産量も少ないため、結城紬風の織物が多く出回った時期がありましたが、これに関しては高額査定は期待しない方がいいでしょう。

 

着物は、生絹のものなどかなり高額買取をしてもらえる確立が上がります。
高額買取のポイントは、着物の状態ですが、どんなに高価なものであっても汚れや破れなどがあると高額買取が難しくなりますが、それでもある程度の価格が付くものもありますから、諦めず査定してもらうのがお勧めです。

 

状態の良いものほど高額査定の対象に

 

結城紬を着用した後は、シミや汚れ、ホコリがついていないかをきちんと確認し、柔らかいブラシを使って優しくブラッシングします。もしシミや汚れを見つけた場合は、出来るだけ早く落とすのが鉄則です。
この場合、ご自身で洗濯をしたりシミ抜きをしようとせず、専門の洗い張り店にクリーニングを依頼します。

 

長く着用していても、このようにお手入れをきちんとしていれば状態も良いことが多いので、高く買い取ってもらえることが多くあります。

 

本場結城紬の買取価格

 

現在、着物の買取はインターネットを利用して簡単に査定申込が可能になりました。とはいえ、結城紬の価値はいくらぐらいなのか・・・といわれても、素人には判断が難しいものです。

 

出来るだけ高く売りたいという人は、まずは買取プレミアムに無料査定の申込をしてみましょう。
買取プレミアムは、熟練の査定技術で、古く汚れてしまっている結城紬でも、しっかり査定して買取金額を出してくれます。
着物は、コンディションによって価格が随分と違ってきますから、まずは無料査定に申込をして、実際に今ある結城紬がいくらで買い取ってもらえるのかを知りましょう。