丸帯を高く売りたいなら

使用していない丸帯をリサイクルショップなどに持っていこうとする人もいますが、リサイクルショップではなく、買取プレミアムに買取査定を依頼するのがお勧めです。

 

ここでは、丸帯の特徴や買取などについてお話していきます。

 

丸帯の特徴

 

丸帯は、一般的な帯の幅の倍の幅(約70cm)があるサイズで織り上げた生地を、ふたつ折りにしたものに芯を入れたら片方を縫い合わせて仕立てられた帯で、格の高い帯であるといわれています。

 

丸帯は、江戸時代の頃から作られるようになり、明治大正になる頃には、花嫁衣裳、留袖といった礼装として使用されており、裏表とも同じ織り方がされています。金糸と銀糸が織り込まれている総模様であるため、生地に厚みがあり重さもあります。
表地同士を合わせたような重さと固さがあるので、現在では裏地を無地にする、別の布地を使うなどして表地と縫い合わせて作られたものが誕生しました。これが袋帯です。
その昔、丸帯以外の帯は、数に入れられることがなかったほど、丸帯は格の高い帯でした。

 

昔の丸帯は短い

 

現在の丸帯と違い、昔の場ル帯は、360cm〜400cm(3m60cm〜4m)程度の長さ(現在は4m50cm前後の長さ)で、一重太鼓の分の長さのものが多くありました。
丸帯が裏表ともに柄があるのは、お太鼓の内側に裏地が見えてしまうことから、表地がきちんと綺麗に見えるように、裏表同じに織られていたために、生地の厚み・重みがありました。

 

丸帯の買取価格

 

丸帯は、重さがあることもあり現在では比較的手頃な価格で購入することが出来るものも少なくありませんが、他の買取ショップで値段がつかなかった丸帯でも、買取プレミアムなら価格がつく場合があります。

 

買取プレミアムは、鑑定士がきちんと査定してくれるので、汚れが目立つ、無作家、古く値段がつくか判らない帯も、しっかりチェックしてくれますし、量が多くても出張買取査定も受け付けていますから、気軽に利用することが出来ます。