白山紬を高く売りたいなら

白山紬は、質がよく比較的親しみやすい価格の着物として多くの人に愛用されている着物ですが、眠らせている白山紬は、そのままにしておくのは勿体無いので、買い取りプレミアムを利用してみるのがお勧めです。
着ないまま持て余していた白山紬に思わぬ価格がつくことも!

 

ここでは、白山紬の特徴や買い取りなどについてお話していきます。

 

白山紬の特徴

 

白山紬は、機械織りで作るのが一般的な着物です。
機械織りでありながら、独特の模様、光沢が繊細で美しく、着心地は軽くて身体にしなやかにフィットするので、着やすい着物としても親しまれているほか、機械織りということで、他の手仕事で織られる着物と比較した場合、比較的購入しやすい価格であることも特徴です。

 

白山紬は、時々「牛首紬」と間違われることもあるようですが、確かに似ているものもありますし、実際に素人目では白山紬と牛首紬の区別が付かないといったこともあります。
白山紬は、元々は自給自足で織っていたものが商品化されたもので、石川県白峰村で織られている紬織物のことをいいます。
とはいえ、機械織りでありながら、白山紬も着物としては十分に品質の良い着物です。

 

玉糸を引いた糸を横糸に使っているのが特徴

 

白山紬の一番大きな特徴は、「釘抜き紬」と呼ばれる部分にあります。
実は、白山紬は、釘に引っ掛けてしまった場合でも破れてしまわない強さのある織物であるため、別名「釘抜き紬」と呼ばれているのです。

 

また、ひとつの繭の中に2匹のさなぎが入っている繭で節のあるくず糸を引いたものを「横糸に使う」といった特徴があり、目利きはここを見極めます。

 

機械織りしたものを、石川県金沢市の織元が「白山紬」と商標登録したもので、白生地に織られた後、訪問着、小紋染めといったものに加工されて作られていますが、素人目には、良質なものかそうでないか、本物か偽者か、また、白山紬と牛首紬かなどを見分けるのは、難しい着物といえます。

 

白山紬の買い取り価格

 

白山紬は、機械織りが一般的であるため、他の手織りなど手間を掛けて作られた着物と比較した場合、買い取り価格はそこまで高額にはなりません。
とはいえ、上質なものであれば白山紬1枚でも数万円から買い取ってもらえることもあります。
買い取りプレミアムであれば、そんな白山紬でもしっかり査定してくれます。
本物かどうかわからない・価値があるのかわからない、そんな白山紬も、一度買い取りプレミアムで査定してもらうといいでしょう。