辻が花振袖を高く売りたいなら

辻が花振袖を少しでも高く売りたい!
という人は、買取プレミアムを利用してみましょう。
普段着る機会がない、持て余している、譲りうけたがどこに着ていけばいいのか判らないなど、たんすの肥やしになってしまっている辻が花振袖も、買取プレミアムなら、ちょっとしたお小遣いになることも。

 

ここでは、辻が花振袖の特徴や買取などについてお話していきます。

 

辻が花振袖の特徴

 

辻が花振袖は、今は亡き久保田一竹氏が作っていた着物で、緞子地(どんすじ)のような華やかで上品な光沢がある地厚な作りの着物です。
現在では、一竹工房で作られており、少し絞りの入ったものでも100万円といった高額な値段のついている価値のある着物です。

 

市場に多く出回っている着物とは違い、希少価値があり着物好きの人の間では、変わらず人気があります。
生地は美しい光沢のあるもので、厚みがありしっかりとしているのが特徴です。

 

花びらの部分に縫い後がないのは機械絞り?

 

辻が花振袖で時々いわれるのが「花びらの部分に縫われた縫い後の穴がないのは機械絞り」というもの。
これは、一概には言えませんが、花びらの部分に軽く縫われた跡がないものは、花の中央部分をつまんで絞ったもの(機械織り)で出る特徴といわれることが多いようで、本物の辻が花ではないといった意見もあるようです。

 

とはいっても、あくまでも素人判断で価値を決めてしまっては、いけません。
着物は、素人目で見るだけでは「本物」と「偽者」、機械織りかそうでないかといったものは、なかなか見分けがつきませんから、ネットで検索するなどした自己判断をしないように気をつけましょう。

 

また、着物の右側に「ラッカン」という朱色の印鑑のようなものがありますが、これはどの工房で作られたか、その証明になります。

 

辻が花振袖の買取価格

 

辻が花振袖の買取価格は、着物の状態によって違いがあります。
状態がよく、未使用や着用回数は少ないが新品同様のコンディションである場合、買取プレミアムで高価買取が期待できますし、少し汚れてしまっているものでも、隅々まできちんと査定してくれるので、今ある辻が花振袖の価格が少しでも気になったら、買取プレミアムに査定依頼をしてみましょう。