山口美術織物を高く売りたいなら

山口美術織物の帯や着物が出てきたら、買取プレミアムの買取査定を利用してみませんか?
譲り受けたが使用する機会がない、もう着ないなどのたんすの肥やしになっている山口美術織物も、買取プレミアムなら最短30分で出張依頼が可能なほか、数量に関係なくしっかり査定してくれます。

 

ここでは、山口美術織物の特徴や、買取についてお話していきます。

 

山口美術織物の特徴

 

山口美術織物は、経糸に生糸を一本だけしようする「唐織り」が特徴です。
しようしている糸は、蚕から取った糸を漂白することなくそのまま使用することで、強い糸に仕上がっており、またそれを数本よじらせて織るのではなく、その1本だけをそのまま織っているので、反物が重くならないといった特徴もあるため、長時間着用しても疲れにくいといった着やすさもまた人気のポイントといえます。
ですから、山口美術織物は、内掛け、能衣装に向いている織物であるともいわれています。

 

山口美術織物は、王室御用達として有名ですが、能衣装、内掛けといったものも織っていますが、これまで帯地専門でしたが、現在では着物も織られるようになりました。

 

三重襷分は人気が高い

 

三重襷文(みえだすきもん)は、山口美術織物の中でも人気が高く、拡張の高いフォーマル着物としても親しまれています。
生地に張りがあり風合いも軽く。日本古来の伝統文様がほどこされているものなど、シンプルな三重襷文が上品であること、また着用できる年齢も10代〜60代と実に幅広いのもポイントです。

 

山口美術織物の買取価格

 

山口美術織物は、帯地でも着物でも人気があります。
複数枚での買取査定の場合でも数万円の価格がつくことが多く、1枚でも良質なものであれば思わぬ臨時収入になることもあります。

 

複数枚所有している場合は、買取プレミアムに出張買取依頼をすれば、最短30分で査定、その場で現金にて受け取れるほか、女性鑑定士もいるので安心して査定を任せることが出来ます。