赤猿の買取相場は?

中国切手の中でも高価な「赤猿」の売却なら、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
ここでは、赤猿の買取相場などについてお話していきます。

 

赤猿

 

赤猿は、1980年に発行された切手で、別名「子ザル」とも呼ばれている大変人気のある切手です。
発行されてから現在に至るまで、変わらずに高値で取引されている人気の切手ですが、実は赤猿は、中国で初めての年賀切手でした。

 

猿のデザインは、発行した当時の干支が猿であったためで、発行枚数も非常に少なく希少価値があり、赤猿が1シート揃っているものに関しては、数百万円で取引がされるなど大変高価な切手です。

 

赤猿は、中国でも流通が少ないのはもちろん、金粉が使われたデザインで描かれている絵の毛並みも一本ずつハッキリ判るほど大変丁寧かつ繊細に描かれているため、その美しさから「ポストに届くまでに剥がされて盗まれる」という噂が広まったことから、盗難を避けようとあまり流通されなかったという話があります。

 

干支の発祥は中国であるといわれているのは多くの人がご存知と思いますが、この当時、初の年賀切手で干支のデザインであるということもあり、発行当時の中国では大変話題を呼んだ切手でもあります。

 

赤猿「極上品」

 

赤猿には、「極上品」というものがありますが、これは「猿の顔が金色」のものをいいますが、どういうことかというと、「切手にヤケがない」ため猿の顔の金色がきちんと残っており、良い状態で保管されていたということになるためです。

 

赤猿は、現在でも大変高価な扱いをされている切手で、発行から30年後、1億円以上の高値で買い取られた過去もあるほど、大変価値のある切手で、中国では所有はもちろん、見るだけでもご利益が得られる切手として、縁起物の扱いもあるようです。

 

赤猿の買取相場

 

赤猿は、未使用品かつ極美品で〜20万円、並品でも15万円前後の買取相場といわれている、大変価値のある高価な切手です。
シミ・ヤケ、折れなど、また表面に使用されている金が劣化しているかどうかでさて医学は随分と違いがあります。

 

赤猿を所有している人は、ぜひ買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。