市川海老蔵切手の買取相場は?

お手元にある市川海老蔵切手の買取は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
ここでは、市川海老蔵切手の買取相場などについてお話していきます。

 

市川海老蔵切手

 

市川海老蔵切手は、1956年11月1日に550万枚発行された切手です。
発行枚数は、「月に雁」や「見返り美人」と比較すると多いものの、今もなお人気があり、「市川蝦蔵」や「市川えび蔵」といった表記のものもあり、別名「海老蔵睨み」とも呼ばれている迫力のあるデザインの切手です。
切手のデザインには、東州斎写楽の描いた市川蝦蔵が使われています。
この切手は、発行当初はビードロを吹く娘切手と同じくらいに大変話題と人気を呼んだ切手です。

 

市川海老蔵切手のデザインを描いた東州斎写楽は、なぞの多い浮世絵師であり、いつ生まれていつ亡くなったのかといったことは判っておらず、作品も100点程度といわれているほか、他の絵師とは違い、活動していた期間は10ヶ月といわれており、非常に活動期間が短くも、その間に歌舞伎役者のもつ個性を強調し前面に押し出して描く絵は、実はその当時あまり好まれるものではなかったというのですから驚きです。
この東州斎写楽の作品が注目されるようになったのは、大正時代頃からであるといわれており、ドイツの美術研究家が写楽の作品を取り上げたことでその名が知られることとなりました。

 

市川海老蔵切手の買取相場

 

切手の買取相場というのは、常に変動しています。
市川海老蔵切手もそのうちのひとつで、状態の良いもの・そうでないもの、未使用・使用済みなどによって価格に違いが出てきます。

 

しかし、シミ・ヤケといった汚れがある切手であっても買取価格がつくこともありますから、諦めて処分してしまうのではなく、まずは買取プレミアムの切手買取査定を利用してみるのがお勧めです。

 

他にも切手がある、数が多くて持込が大変だという人でも、買取プレミアムなら出張買取査定も行っていますから、自宅にいながら買取査定をしてもらうことが出来ます。