航空切手の買取相場は?

お手元にある航空切手の買い取りは、ぜひ買取プレミアムがお勧めです。
ここでは、航空切手の買取相場などについてお話していきます。

 

航空切手

 

航空切手は、現在では発行されていない切手で、希少価値があり高額で買取されることの多いプレミアのついた切手です。
航空切手は、航空郵便専用として発行されている切手で、第二次世界大戦がの最中には、航空切手の発行がされていなかったものの、戦後になるとまた発行されるようになりました。

 

1961年になると、速達郵便が誕生し、航空切手が終了しそれ以降、航空切手の発行がされることがなくなったため、流通されている量が少ないため、希少価値のある切手として収集家の間で人気を呼んでいます。

 

特に人気が高いのは、「飛行郵便試行記念切手」と呼ばれる記念切手で、大正八年、国内で初めて東京ー大阪間の試験飛行が行われるのを記念して発行された特別な切手で、はがき用・封書用の2種類が発行されましたが、現在では発行をしていないこともあり、大変入手困難な切手とされています。

 

偽者があるので要注意!

 

飛行郵便試行記念切手には、偽者があるのをご存知でしょうか。
つまり「贋作」があります。
飛行郵便試行記念切手は、一般的な普通郵便に使用する切手とは違うのはもちろん、東京・大阪の郵便局だけの限定での販売であることから、発行枚数が少ないため希少価値があります。

 

はがき用の赤加刷 5万枚
封書用の黒加刷 3万枚

 

といった枚数での発行で、未使用の切手はもちろん、希少価値がありますが、使用済みである場合、の織っている枚数が少ないことから、より価値が高い切手とされています。

 

これは、切手収集家の間ではとても有名な話で、人気の高さから、加刷したもの、贋作が多く、中には本物と贋作の区別がつきにく飛行郵便試行記念切手もあるため、プロでなければ見分けがつかない場合もあります。

 

航空切手の買取相場

 

航空切手は、希少価値が高いものが多く存在しているため、他の切手とは違い、1枚からでも買取価格がそれなりにつく場合があります。
持て余している航空切手や、もう手放そうと考えている人は、買取プレミアムの切手買取査定を利用してみるのがお勧めです。