組踊小型シートの買取相場は?

今お持ちの組踊小型シートを売却しようかと迷っている人は、ぜひ買取プレミアムの切手買取査定を利用するのがお勧めです。

 

ここでは、組踊小型シートの買取相場などについてお話していきます。

 

琉球切手「組踊小型シート」

 

琉球切手は、1945年に沖縄が本土復帰される1972年までの間に沖縄県で発行されていた、沖縄独自の切手のことで、この切手には「民政府から発行されたもの」と「琉球郵政庁によって発行されたもの」の2種類が存在しています。

 

琉球切手は、1948年に正刷が開始され、初版の発行から24年後の1972年までに、実に257種類もの琉球切手が発行されました。
沖縄県のもつ独特の風合いや色彩といったデザインは、日本国内の切手愛好家はもちろん、世界の切手愛好家から大変人気を呼ぶ切手となり、有名になりました。

 

発行には2つの期間がある

 

組踊小型シートは、

 

民政府による発行は1945年〜1950年まで
琉球郵政庁による発行は1950年〜1972年まで

 

の2種類があります。
また、発行された切手の種類は全てで5種類あり、全て3セントという額面で、執心鐘入(4月28日発行)、人盗人(5月29日)、銘苅子(7月30日発行)、孝行の巻(8月25日発行)となっています。(※発行は全て1970年)

 

組踊小型シートの買取相場

 

バラ同様に、シートも買取相場には、変動があります。
切手シートの相場は、45〜85%程度で取引されるのが相場であるといわれています。状態があまり良くない場合(汚れがあるなど)であっても、買取価格は下がるものの、きちんと査定額がつくこともあるので、買取査定に出してみましょう。

 

現在お持ちの組踊小型シートの売却を検討している人はぜひ、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
買取プレミアムは、プロの鑑定士がしっかり査定してくれるほか、女性スタッフも在籍していますから、女性の買取依頼も安心して利用することが出来ます。