月に雁の買取相場は?

お手元にある「月に雁」の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
ここでは、月に雁の買取相場などについてお話していきます。

 

月に雁(つきにかり)

 

「月に雁(つきにかり)」は、昭和24年(1949年)に発行された切手で、「見返り美人」と同様に大変有名な切手です。
日本では、昭和30年代〜40年代に切手収集ブームが巻き起こり、このときに月に雁の価格も高騰し、10,000円を超える値がつくこともありました。
当時のお給料は、大卒初任給で高くても30,000円程だった時代ですから、相当高額な価格がついた切手であることがわかります。
これは、切手のサイズが影響しているようで、月の雁のサイズは縦70mm×横30mmのサイズだったため、当時では珍しいサイズでした。

 

また、デザインや印刷のクオリティが高く美しい切手であったことから、芸術品のような扱いもされていました。

 

発行枚数

 

月に雁の発行枚数は200万枚ですが、現在はその発行枚数が少ないと感じるかもしれませんが、当時ではあまり希少とはいえない枚数です。
1949年当時、記念切手は50万枚から多くて500万枚といった枚数で発行されており、一般的には300万枚程度が普通の枚数でした。
そこから比較すると、月に雁の発行枚数は少ないものの、格段に少ないといった枚数ではないようで、「月に雁」のプレミア価格の理由は「切手の知名度」といえます。

 

月に雁の買取相場

 

月の雁は、未使用品での評価額が20,000円前後のものもありますが、切手の買取相場には変動があるほか、切手収集家が減少しつつある影響もあってか、価値がそれ以下に下がってしまうこともあります。

 

もし、お手元にある「月に雁」の売却を検討している場合は、買取プレミアムの買取査定依頼がお勧めです。
他の切手も一緒に査定をという場合でも、出張買取査定も行っているので、ご自宅にいながら査定をしてもらうことが出来るのはもちろん、女性スタッフも在籍していますから、売却を希望する人が女性の場合も、安心して依頼することが出来ます。