貿易銀の売却は?貿易銀の買取相場

貿易銀の売却は、買取プレミアムの古銭買取査定がお勧めです。
ここでは、貿易銀の買取相場などについてお話していきます。

 

貿易銀

 

貿易銀は、貿易取引専用に発行された大型の銀貨です。
19世紀後半、日本、アメリカ合衆国、イギリスにおいて通常の「大型銀貨」とはは違い、貿易取引専用の銀貨として発行された銀貨を貿易銀といいますが、一方で、世界市場で出回った1ドル銀貨と同じ大きさのメキシコ銀貨などの洋銀を貿易銀と呼ぶこともあります。

 

日本では、明治8年から発行された銀貨(貿易銀と表記された銀貨)を貿易銀と呼んでいますが、それよりも前の明治4年からはっこうされた一円銀貨の全てを貿易銀と呼びます。

 

貿易銀には、明治8年、明治9年、明治10年と3種類あり、中でも「明治10年」の貿易銀は最も価値があるといわれており、100,000円を超える価格がつくこともあります。
明治8年、明治9年のものでも、20,000円前後の価格がつくことが多く、貿易銀自体に希少価値があります。

 

貿易銀の贋物に要注意

 

貿易銀は、現在では希少価値の高い銀貨ですが、コレクターに人気が高いこともあってか、贋作が多い銀貨としても知られています。
貿易銀のニセモノは、模様や文字が不鮮明であったり、中には銀で作られており本物かニセモノか判断するのがプロの目でなければ難しいといったものまであります。

 

このような贋物のある貿易銀だからこそ、目利きの鑑定士の査定が必要になります。
貿易銀の買取査定は、買取プレミアムがお勧めです。
プロの鑑定士が在籍しているのはもちろん、女性スタッフも在籍していますかから、女性で買取査定を依頼したい場合でも、ご自宅で安心して査定してもらうことが出来ます。

 

貿易銀の買取相場

 

貿易銀の買取相場は、明治10年のもので、中古美品で100,000円前後の価格がつくことがあります。
明治8年・9年の貿易銀であっても、コンディションによって高値で取引されることもあり、希少価値がある銀貨なので、買取価格が期待しやすいコインです。

関連ページ

記念硬貨を高く売るには?記念硬貨の買取ポイント
プルーフ貨幣セットを高値で売却したいなら
海外メダルを高値で売却したい!海外メダルの買取相場
旧紙幣を売却したい!旧紙幣の買取相場
大判を売却したい!大判の買取相場
小判を売却したい!小判の買取相場
秤量貨幣を売却したい!秤量貨幣の買取相場
軍用手票を売却したい!軍用手票の買取相場
戦時債権を売却したい!戦時債権の買取相場
プラチナコインを売却したい!プラチナコインの買取相場
金貨を売却したい!金貨の買取相場
銀貨を売却したい!銀貨の買取相場
メイプルリーフ金貨を売却したい!メイプルリーフ金貨の買取相場
プラチナイーグルコインを売却したい!プラチナイーグルコインの買取相場
天皇陛下記念金貨の売却は?天皇陛下記念金貨の買取相場
プラチナメイプルリーフコインの売却は?プラチナメイプルリーフコインの買取相場
カンガルー金貨の売却は?カンガルー金貨の買取相場
コインジュエリーの売却は?コインジュエリーの買取相場
十二支金貨の売却は?干支金貨の買取相場
ウィーン金貨の売却は?ウィーン金貨の買取相場
一圓銀貨の売却は?一圓銀貨の買取相場
記念プルーフ貨幣の売却は?記念プルーフ貨幣の買取相場
海外銀貨の売却は?海外銀貨の買取相場
慶長丁銀の売却は?慶長丁銀の買取相場
安政丁銀の売却は?安政丁銀の買取相場
豆板銀の売却は?豆板銀の買取相場
銀判の売却は?銀判の買取相場