秤量貨幣を売却したい!秤量貨幣の買取相場

秤量貨幣の売却は、買取プレミアムの古銭買取査定がお勧めです。
ここでは、秤量貨幣の買取相場などについてお話していきます。

 

秤量貨幣(ひょうりょうかへい)

 

一分判は、小判の1/4の重さで、明治時代の金貨や銀貨など、世界で利用されている金貨や銀貨などの量目が額面と同じになるように作られていますが、これらは秤量貨幣の発展型であるといわれています。

 

金貨、銀貨といったものが規格化されるまでの間、砂金や価値に相等する重さの塊を利用して現在のお金のように利用しており、取引の際は、秤でその重さを計ってお金として利用していました。
金貨や銀貨が通貨として出回る時代になっても、これらを手に入れることが出来たのは、支配階層、貨幣形態の異なる対外貿易、高級品を取り扱っている商人など、利用できる人がかなり限定されていました。

 

戦国時代の頃は、「両替商」というものが存在し、金や銀の鑑定、両替、それらを測量し一定の価値ごとに封包をして取引しやすい状況を作るなど、お金の管理を行うものがありましたが、江戸時代になると金貨の計数貨幣での統一が行われ、秤量貨幣が用いられていたものの、慶応4年になると、明治新政府によって銀目廃止となり、秤量貨幣が終了しました。

 

使用されていないものはとても貴重

 

江戸時代の基本通貨として、丁銀、豆板銀、銀判といった、重さで決まる秤量貨幣ですが、この中で丁銀は、小粒状の銀である豆板銀と一緒に包銀として秤量されていました。

 

使用されていない丁銀、豆板銀、銀判は、実は大変珍しいもので、特に包まれた状態の包銀は、非常に希少価値が高いといわれており、その人気の高さから、レプリカも多く出回っています。

 

秤量貨幣の買取相場

 

秤量貨幣の買取相場は、日々変動します。
秤量貨幣の売却は、買取プレミアムの古銭買取査定がお勧めです。
汚れていたり変色してしまっている秤量貨幣であっても、買取査定をしてもらえますから、処分せずそのまま買取査定をしてもらのがいいでしょう。

関連ページ

記念硬貨を高く売るには?記念硬貨の買取ポイント
プルーフ貨幣セットを高値で売却したいなら
海外メダルを高値で売却したい!海外メダルの買取相場
旧紙幣を売却したい!旧紙幣の買取相場
大判を売却したい!大判の買取相場
小判を売却したい!小判の買取相場
軍用手票を売却したい!軍用手票の買取相場
戦時債権を売却したい!戦時債権の買取相場
プラチナコインを売却したい!プラチナコインの買取相場
金貨を売却したい!金貨の買取相場
銀貨を売却したい!銀貨の買取相場
メイプルリーフ金貨を売却したい!メイプルリーフ金貨の買取相場
プラチナイーグルコインを売却したい!プラチナイーグルコインの買取相場
天皇陛下記念金貨の売却は?天皇陛下記念金貨の買取相場
プラチナメイプルリーフコインの売却は?プラチナメイプルリーフコインの買取相場
カンガルー金貨の売却は?カンガルー金貨の買取相場
コインジュエリーの売却は?コインジュエリーの買取相場
十二支金貨の売却は?干支金貨の買取相場
ウィーン金貨の売却は?ウィーン金貨の買取相場
貿易銀の売却は?貿易銀の買取相場
一圓銀貨の売却は?一圓銀貨の買取相場
記念プルーフ貨幣の売却は?記念プルーフ貨幣の買取相場
海外銀貨の売却は?海外銀貨の買取相場
慶長丁銀の売却は?慶長丁銀の買取相場
安政丁銀の売却は?安政丁銀の買取相場
豆板銀の売却は?豆板銀の買取相場
銀判の売却は?銀判の買取相場