一圓銀貨の売却は?一圓銀貨の買取相場

一圓銀貨の売却は、買取プレミアムの古銭買取査定がお勧めです。
ここでは、一圓銀貨の買取相場などについてお話していきます。

 

一圓銀貨

 

一圓銀貨は、「圓銀」とも呼ばれている日本が発行した銀貨です。
明治4年、新貨条例に基づいて発行された貨幣で、貿易用途で使用され、海外との取引の際に利用されていました。
明治4年当時の一圓銀貨の価値は、現在の4万円ほどというので驚きです。

 

一圓銀貨の図柄は、明治天皇の太刀彫りなども手がけた彫金の名工といわれる加納夏雄がデザインしました。
一圓銀貨は、表面は龍。裏面は日章と菊の紋章がほどこされており、銀900、銅が100混ざったもので出来ています。
明治7年になると、デザインが大きく変わり、裏面の聞くの紋章がなくなる代わりに「一圓」と彫られるようになりました。

 

一圓銀貨の流通は明治4年になりますが、製造自体は明治3年から既に始まっていたことから、一圓銀貨の年号が「明治3年」となっているものもあります。
明治3年の年号の一圓銀貨は、明治5年まで流通しており、この間に発行された枚数は360枚で、素人目には判断が困難ですが、デザインに僅かな差があるのが特徴で、手代わりと呼ばれます。
このため、価格にばらつきがあり、一圓銀貨の中には高額で取引されるものもあります。

 

価値のある一圓銀貨は?

 

絵t代わりの中では、一圓銀貨の「圓」の文字に僅かな違いがあり、これらは、

 

普通円
正貝円

 

といったように呼ばれており、圓の「貝」の画数が一本欠けている種類があり、これを「欠貝円」と読んでいます。

 

一圓銀貨の買取相場

 

一圓銀貨は、欠貝円であれば未使用品で400,000円以上の価格がつくこともあり、プレミア古銭となりますが、一圓銀貨の場合、普通円であっても未使用のものであれば100,000円以上、正貝円も150,000円ほどの価値がつく希少価値のある銀貨です。

 

一圓銀貨の売却は、買取実績はもちろん、プロの鑑定士がしっかり査定をしてくれる買取プレミアムがお勧めです。
女性スタッフも在籍しているので、買取査定を依頼したい女性も、ご自宅にいながら安心して査定をしてもらうことが出来ます。

関連ページ

記念硬貨を高く売るには?記念硬貨の買取ポイント
プルーフ貨幣セットを高値で売却したいなら
海外メダルを高値で売却したい!海外メダルの買取相場
旧紙幣を売却したい!旧紙幣の買取相場
大判を売却したい!大判の買取相場
小判を売却したい!小判の買取相場
秤量貨幣を売却したい!秤量貨幣の買取相場
軍用手票を売却したい!軍用手票の買取相場
戦時債権を売却したい!戦時債権の買取相場
プラチナコインを売却したい!プラチナコインの買取相場
金貨を売却したい!金貨の買取相場
銀貨を売却したい!銀貨の買取相場
メイプルリーフ金貨を売却したい!メイプルリーフ金貨の買取相場
プラチナイーグルコインを売却したい!プラチナイーグルコインの買取相場
天皇陛下記念金貨の売却は?天皇陛下記念金貨の買取相場
プラチナメイプルリーフコインの売却は?プラチナメイプルリーフコインの買取相場
カンガルー金貨の売却は?カンガルー金貨の買取相場
コインジュエリーの売却は?コインジュエリーの買取相場
十二支金貨の売却は?干支金貨の買取相場
ウィーン金貨の売却は?ウィーン金貨の買取相場
貿易銀の売却は?貿易銀の買取相場
記念プルーフ貨幣の売却は?記念プルーフ貨幣の買取相場
海外銀貨の売却は?海外銀貨の買取相場
慶長丁銀の売却は?慶長丁銀の買取相場
安政丁銀の売却は?安政丁銀の買取相場
豆板銀の売却は?豆板銀の買取相場
銀判の売却は?銀判の買取相場