小判を売却したい!小判の買取相場

小判の売却は、買取プレミアムがお勧めです。
ここでは、小判の売却のポイントや買取相場などについてお話していきます。

 

小判

 

小判は、江戸時代を中心に流通した金貨のうちのひとちうで、大判とは違い、一般的な通貨として使用されていました。
一番最初に作られた小判は、慶長6年の「慶長小判」であるといわれています。

 

江戸時代よりも前に作られた小判は、

 

文永4年 駿河墨書小判
文永4年 武蔵墨書小判

 

であるといわれています。
大判は、江戸時代に贈答用・恩賞用として利用されることがほとんどで、小判のように一般的な通貨として利用されることは、ほとんどなかったようです。
小判は、江戸時代になると、慶長6年の慶長小判、万延元年の万延小判まで10種類の小判が作られたといわれています。
慶長小判は、現在で約10万円、万延小判は約5万円の価値があったようです。

 

偽造品、レプリカ小判も価値がある

 

小判は、本物の小判はもちろん、偽造品、レプリカといったものもあり、本物以外の小判の場合は、本物の小判ほど価値がないのは当然ですが、これらのものも、金を使って作られているものも少なくないようで、高額まではいかずとも、それなりに買取価格がつくものも多いので、偽造品やレプリカの小判を所有している人でも、買取査定に出してみる価値は、十分にあります。

 

小判の買取相場

 

小判は、金で作られているので金の相場価格の影響で買い取り相場が変動します。
また、小判の中で残存しているものが少ない種類に関しては、希少価値も高く、小判のコレクターによって高値で取引されることもあります。
希少価値のある小判の場合、1枚30万円前後の価格が買取相場といわれています。

 

貴重な小判の売却は、買取プレミアムがお勧めです。
出張買取をしてくれますから、ご自宅にいながら小判の買取査定をしてもらえます。
プロの鑑定士が在籍しているのはもちろん、女性スタッフも在籍していますから、女性からの買取査定依頼も安心して利用することが出来ます。

関連ページ

記念硬貨を高く売るには?記念硬貨の買取ポイント
プルーフ貨幣セットを高値で売却したいなら
海外メダルを高値で売却したい!海外メダルの買取相場
旧紙幣を売却したい!旧紙幣の買取相場
大判を売却したい!大判の買取相場
秤量貨幣を売却したい!秤量貨幣の買取相場
軍用手票を売却したい!軍用手票の買取相場
戦時債権を売却したい!戦時債権の買取相場
プラチナコインを売却したい!プラチナコインの買取相場
金貨を売却したい!金貨の買取相場
銀貨を売却したい!銀貨の買取相場
メイプルリーフ金貨を売却したい!メイプルリーフ金貨の買取相場
プラチナイーグルコインを売却したい!プラチナイーグルコインの買取相場
天皇陛下記念金貨の売却は?天皇陛下記念金貨の買取相場
プラチナメイプルリーフコインの売却は?プラチナメイプルリーフコインの買取相場
カンガルー金貨の売却は?カンガルー金貨の買取相場
コインジュエリーの売却は?コインジュエリーの買取相場
十二支金貨の売却は?干支金貨の買取相場
ウィーン金貨の売却は?ウィーン金貨の買取相場
貿易銀の売却は?貿易銀の買取相場
一圓銀貨の売却は?一圓銀貨の買取相場
記念プルーフ貨幣の売却は?記念プルーフ貨幣の買取相場
海外銀貨の売却は?海外銀貨の買取相場
慶長丁銀の売却は?慶長丁銀の買取相場
安政丁銀の売却は?安政丁銀の買取相場
豆板銀の売却は?豆板銀の買取相場
銀判の売却は?銀判の買取相場